2010年04月16日

公明幹事長、米軍基地移設問題で「責任の取り方を注視」(産経新聞)

 公明党の井上義久幹事長は16日午前の記者会見で、政府が5月末までに決着させるとしていた米軍基地移設問題について「平野博文官房長官ら閣僚から決着という意味をあいまい化させるような発言があるが、鳩山由紀夫首相が明確に定義されている。あいまいな発言を周囲がすればするほど、首相の責任がより明確になってきている」と指摘した。そのうえで「首相の責任は極めて重い。決着の仕方によってどう責任をとられるか注視していく」と述べた。

【関連記事】
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感
普天間5月決着を絶望視 期限迫り予防線張り始めた政府 米側は柔軟姿勢伝える
オバマ「責任取れるのか」 鳩山首相の「普天間5月決着」に不信感
「普天間問題、5月末に方向性」 鳩山首相発言が後退
政治とカネの問題で公明・山口氏「首相が率先垂範しないとますます支持率下がる」
外国人地方参政権問題に一石

鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)
「たちあがれ日本」 再編の核、要は参院選 「保守」「若手」…結束カギ(産経新聞)
普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)
舛添・東国原氏が会談、政局対応も意見交換?(読売新聞)
ペット死体不法投棄容疑、業者の元町議を逮捕(読売新聞)
posted by イトイ セイイチ at 20:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。