2010年06月18日

年度内に消費増税案 菅首相、表明 「自民の10%を参考」(産経新聞)

 菅直人首相(民主党代表)は17日、同党参院選マニフェスト(政権公約)の発表記者会見で、消費税率引き上げについて「平成22年度内に、税率と逆進性対策を含む改革案のとりまとめを目指したい。税率は(自民党が提案する)10%を一つの参考とする」と表明した。首相が消費税増税案の策定時期と税率に言及したのは初めて。

 自民党も17日に発表した参院選マニフェストで、消費税の税率を「当面10%」へ引き上げることを打ち出した。参院選は消費税問題が争点になりそうだ。

 首相は消費税の税率に関して、超党派の合意形成を目指す考えを示した。ただ「超党派での(税制改正)法案の提出を目指すが、困難なら民主党が中心となってとりまとめる」とも述べた。

 引き上げの時期については「今の段階で何年度からどうすると言うのは難しい。大きな税制改革を行う場合、実施する前に国民の信を問うことは本来あるべき道だ」と述べ、次期衆院選後との認識を示した。

 民主党の玄葉光一郎政調会長は17日の会見で「22年度内に(税制改正案を)とりまとめ、超党派で合意しても、実際に実施するのは(最速で)24年秋になる」との見通しを示した。

 この日、民主、自民両党のほか公明、みんな、たちあがれ日本も参院選マニフェストを発表した。民主党マニフェストは、消費税を含む税制の抜本改革について「早期に結論を得ることを目指し、協議を超党派で開始する」との表現にとどめている。

【関連記事】
政権公約 菅直人首相の記者会見要旨
菅首相、消費税増税に踏み込むも説明不足 ねらいは主導権
消費税率の議論 高嶋氏「勇み足だ」と菅首相を批判
消費増税、普天間を明記 民主マニフェスト判明
【私も言いたい】「民主党は再生できるか」 「参院選過半数ない」7割
日本のインフラ技術が海外へ飛び出し始めた

<蓮舫・行政刷新相>鍛えた直言 田原総一朗さんも太鼓判(毎日新聞)
「なっちゃんを助けて!」 拘束型心筋症の7歳女児 渡航移植の募金を呼び掛け(産経新聞)
首相不在時の順位、仙谷→岡田→前原→中井→千葉(読売新聞)
「保険かけられた」と警察に訴え…淀川女性遺棄(読売新聞)
トニー賞 演劇主演男優賞にデンゼル・ワシントン(産経新聞)
posted by イトイ セイイチ at 15:41| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。