2010年05月21日

容疑者に暴力、たばこ与える…取り調べ違反29件(読売新聞)

 警察庁は20日、昨年4月から始まった取り調べの内部監督制度で、容疑者に暴力を振るったり、たばこを与えたりするなどの違反行為が、全国の警察で1年間に計29件確認されたと発表した。

 同制度は、捜査部門以外の警察官が「監督官」として、マジックミラー越しに取調室の様子をチェックし、〈1〉体への接触〈2〉便宜供与〈3〉事前承認のない長時間の取り調べ――などの違反行為がないか確認する。取り調べが問題になった無罪事件が相次いだことを受け、導入された。

 同庁によると、29件のうち、ジュースやたばこなどを与えた便宜供与が21件を占め、暴行を含む体への接触が4件、深夜や8時間を超える長時間の取り調べが2件だった。

ギョーザ袋の穴見逃し「捜査ずさん、誠に残念」(読売新聞)
給食費滞納減少の切り札に? 子ども手当と同一口座(産経新聞)
高速新料金、6月実施先送りへ 審議入りのめど立たず(産経新聞)
焼け跡から男性の遺体=殺人と断定、捜査本部設置−千葉県警(時事通信)
通り魔、女が8歳女児刺す=殺人未遂で逮捕―大阪府警(時事通信)
posted by イトイ セイイチ at 17:18| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。